セブンイレブン、コンビニ各社の年賀状はがき印刷は安い?「宛名印刷は?デザインは?」

年賀状・年賀はがきの印刷はセブンイレブンやコンビニで簡単に発注申し込みできるようになっていますね。インターネット申込で注文して店頭で受けとれたりポイントが付けられたり。でも印刷費用が気になりますね?デザインがかぶるのって嫌ですよねw?宛名印刷や複数割引は?あれこれ気になります・・・。
MENU

2018年戌年の年賀状印刷サービスは、セブン-イレブンなどのコンビニ各社も含めて、まだスタートしていないところがほとんどです。

下記コンテンツは昨シーズンのままとなっていますが、10月に入ると、各社一斉にスタートしますので、その時期になるまでお待ち下さい。

 

ただし、もう早割サービスの第一弾が終わってしまったところもあります。
お安く節約モードなら、下記の【ネットスクウェア】の利用をおすすめします。


>>タップして豊富なデザインをチェック!

 

セブンイレブン等と各印刷サービスの年賀状・年賀はがきの印刷料金比較

セブンイレブン等のコンビニ各社を含めた2017年酉年向けの各社の年賀状・年賀はがきの印刷料金を比較しているサイトです。

セブン-イレブンのサービスも10月1日よりスタートしています。
セブンイレブンの2017年賀状印刷サービスのカタログパンフレット


11月も終盤に入りましたので各社年賀状印刷の受け付けが活発に行われているようです。

ネット専業のはがき印刷サービス各社ではすでに9月から喪中はがきと合わせて年賀状の印刷受付も始まっているところもあります。
特にネットスクウェアのように早割がお徳なサービスもありますし、もともと価格設定が安い「らくらく年賀状」のような印刷サービスもあります。
年賀状作成の方針がある程度見えているのであれば、この早割期間に発注して、余ったお金でお正月には贅沢をするという、そんな考え方もあるでしょう。

らくらく年賀状
http://rakurakunennga.com/

ネットスクウェア

https://nenga.print-netsquare.com/

各社の年賀状印刷の料金比較のポイントですが「カラーで最安」となるデザイン例とその料金(裏面のみ)を選んで表にしています。
実際は@表面の宛名印刷(住所、氏名)、A郵券代(切手代)、B送料の3つが合わさって高低がみえるのですが、私製はがきのみでの印刷をする人もいますので、まずは裏面印刷費のみで比較してみています。
@〜Bそれぞれや合算の総額で安いとか特筆すべきことがあれば、料金表のまわりでコメントしますね。

デザイン例の選択はあくまでこちらの独断、そして“最安”ということなのでパッと見どうしても地味めであることは了承ください。
あらためて各印刷サービスの公式サイトで気に入ったものを選んでみてください。


比較したのは以下です。


もちろん紙質や枚数、切手付きにするか私製にするか、差出人ごとに差し替える複数とか宛名印刷をやるか、で費用は全く異なってきます。
各社のサイトで改めて確認して見積もってみてください。

 

セブン-イレブンの年賀状の印刷料金

2017年酉年の受け付け、真っ盛り。

セブン-イレブンの印刷費用は店舗注文ありのカテゴリーとしてはかなり価格が安く、ネット専業各社の早割期間が進行する(割引が減る)中で、たとえばネットスクウェアなどと同程度となって割安感が高いのですが、そのネット専業の中でも一律料金を設定している格安サービスのらくらく年賀状は料金が安く(裏面印刷のみで見ても、宛名印刷や郵券代も含めても)それから比較すると、差があるな・・・という状態です。


あとはデザインをどう考えるか、ですね。
セブン-イレブンに限らず店舗型の印刷サービスは、どうしてもデザイン数が限られてしまいます
ネット専業各社のデザインの豊富さとクオリティ、量はかなり多くなっています

近所のセブンイレブンで完結できればナナコポイントも付きますのでこんな便利なことはありませんが、デザイン重視や価格重視なら他の印刷サービスもチェックしてみるとよいと思います。

セブン-イレブンの年賀状のデザイン例
(“最安”のデザインなので、色が薄いですw)
セブンイレブンの2017年年賀状印刷サービスのデザイン例
このデザインの詳細
(デザイン番号7810で検索してみてください)


このデザインの料金↓↓↓↓↓
セブンイレブンの年賀状印刷サービスの料金例
※デザイン例は最安コースの「シンプルカラー」のもの
※web申し込みは常時20%off、上記割引率はこの20%分を含む
※税込
※12/1以降の金額は改めて確認して下さい。こちらで算出しているので端数が異なる場合もあります。
※複数割引はさらに10%off(web申込ならいつでも30%off)
※送料:店頭受取りで無料
※宛名印刷は対応無し




ローソンの年賀状の印刷料金

2017年酉年の受け付け、真っ盛り。

ローソンの年賀状印刷サービスのデザイン例



ttp://mall3.myprint.co.jp/lawson/2/
このデザインの料金↓↓↓↓↓



ファミリーマートの年賀状の印刷料金

2017年酉年の受け付け、真っ盛り。

ファミリーマートの年賀状のデザイン例
ファミリーマート2017年賀状のデザイン例
このデザインの詳細
(デザイン番号0118で検索してみてください)

このデザインの料金↓↓↓↓↓
ファミリーマートの年賀状の印刷料金
※上記はカラーで最安と思われる「スタンダード」シリーズの料金
※上記はweb限定の早割期間と価格
※税込
※12/1以降の金額は改めて確認下さい。
※複数割引はさらに5%off
※送料:店頭受取りで無料
※宛名印刷料金:基本料金 1,080円/件 + 1枚30.24円




サークルKサンクスの年賀状の印刷料金

2017年酉年の受け付け、真っ盛り。
サークルKサンクスはファミリーマートと経営統合しましたね。

サークルKサンクスの年賀状のデザイン例
サークルKサンクス、2017年賀状印刷サービスのデザイン例
このデザインの詳細
(デザイン番号AC214/S-214で検索してみてください)


このデザインの料金↓↓↓↓↓
サークルKサンクス2017年賀状印刷サービスの料金例
※上記はカラーで最安の「おすすめカラー」シリーズの料金
※上記はweb限定の早割価格。
※税込
※12/1以降の金額は改めて確認下さい。
※複数割引は無さそうです。
※送料:店頭受取りで無料、APITA、ピアゴでも受け取り可能。自宅への送料は税込3,000以上で無料、未満の場合は送料500円+代引き手数料324円。
※宛名印刷料金:初回登録料108円/件+1枚82円(税込)



郵便局の年賀状の印刷料金

2018年戌年の注文受け付け、始まってます。

郵便局の年賀状のデザイン例
郵便局2018年賀状印刷サービスのデザイン例
このデザインの詳細

このデザインの料金↓↓↓↓↓
郵便局2018年賀状印刷サービスの料金例
※料金はカラー最安の「お買得年賀状」というシリーズです。
※web割引として全期間5%offが含まれています。
※送料・税込
※上記料金は当サイト管理人が割引率より算出しています。端数等、実際とは違う場合もあることを了承ください。
※複数割引は210円/件
※宛名印刷料金:基本料金1,080円/件+ 1枚30円(投稿代行は無料)



ネットスクエアの年賀状の印刷料金

2018年注文受付、始まってます!
ネット通販の印刷専業サービス「ネットスクエア」のデザインの1例です。

ネットスクウェアの2018年新年向け戌年のデザイン例

このデザインの詳細


このデザインの料金↓↓↓↓↓
2018ネットスクウェアの年賀状印刷の料金例

※上記は最安の「定番お買い得デザイン」シリーズのものです。
※税込
※10/10以降の印刷料金は改めて確認して下さい
※複数割引は200円/件で上限5件
※送料無料
※宛名印刷は対応無し




 

 

挨拶状ドットコムの年賀状の印刷料金

2017年受付、真っ盛り。


挨拶状全般の印刷専業サービス「挨拶状ドットコム」のデザインの1例です。

挨拶状ドットコム2017年賀状印刷サービスのデザイン例
このデザインの詳細


このデザインの料金↓↓↓↓↓
挨拶状ドットコム2017年賀状印刷サービスの料金例
※税込

※11/24以降の金額は改めて確認して下さい

※納期が早い(注文日の翌営業日に出荷!)

※複数割引は1,080円/件

※送料無料(要、会員登録)

※宛名印刷は年末まで無料キャンペーン中

※投函(発送)代行ができる(無料)

※独自のお年玉くじ付きはがきなら5円引き(47円/枚、枚数限定)でなおかつ抽選で賞金ゲット

※50人に一人3,000円が当たるキャンペーン実施中


挨拶状ドットコムのデザイン一覧

挨拶状ドットコムは正直、料金は高いです。その理由を書いておきますね。
まず年明けの1/12まではがきの表の宛名印刷(住所・氏名)は無料キャンペーンを実施しています。※送料は無料(会員登録が必要)
つまり上記の料金内+切手代ですべてが完了します。※切手代は「Wお年玉くじ付き年賀はがき」を選べば@47円
デザイン的には一部の特別なデザインを除いて、凝ったデザインタイプも含めて大半は上記の料金内一律で選択できます
料金的には他社と比べると高いですが上のデザイン例を見てもらえるとわかると思いますが、デザイナー100人を稼働させているのでクオリティの高いデザイン案も選べます。
したがって、挨拶状ドットコムを使うのなら宛名印刷までやってもらったほうがはるかにお徳です。
あと投函代行まで対応するので、たとえば秋から年越しで海外出張中であってもネットですべてが完結してしまう、ということが可能となります。






らくらく年賀状の印刷料金

2017年受付、真っ盛り。

総額でみると安い!デザインも充実のらくらく年賀状です!

らくらく年賀状の2017年酉年の年賀状のデザイン例

このデザインの詳細


このデザインの料金↓↓↓↓↓
らくらく年賀状、2017年酉年向け印刷料金(裏面印刷)
※税込
※料金は全デザイン一律で上記(会員登録で5%off
※10枚以上なら複数テンプレートの割引あり(2テンプレートで500円off、3テンプレートで750円off、4テンプレートで1,000円off)
※郵券代は割引で一律@47円

※年賀状ファイルプレゼント(先着)

※送料:全国一律450円
※お昼12時までの発注で翌営業日に発送

※宛名印刷料金:基本料金0円+1枚12円(500枚以上は1枚10円)
代理投函に対応
※法人割引あり

 

平安堂の年賀状の印刷料金

2017年受付、真っ盛り。
冠婚葬祭に強く印刷サービスも充実している「平安堂」のデザインの1例です。
平安堂、2017年賀状印刷サービスのデザイン例

このデザインの詳細


このデザインの料金↓↓↓↓↓
平安堂、2017年賀状印刷サービスの料金表
※税込
※デザインは最安と目される「ネット限定カラーデザイン」シリーズのもの

※複数割引は50%off

※スタッフによる校正オプション:324円

※年賀状ファイルプレゼント(先着)

※送料:324円(100枚までならDM便が選べて97円)

※宛名印刷料金:基本料金 1,080円/件 + 1枚32円





122

セブン-イレブン含めたコンビニ各社の年賀状印刷サービスはかなり料金的にも安く抑えられ、デザインも工夫をこらしてオリジナリティのあるチョイスが可能となっています。サービスのクオリティも問題無さそうです。

ただネット専業価格との比較で見ると、たとえばらくらく年賀状ネットスクェアのような格安のサービスもあります。料金は上記の各社の料金表を見てもらえばわかると思いますが圧倒的な安さですし、かといってデザインの面でも決して劣るわけではないことは公式サイトを見てもらえればわかるかと思います。


料金、値段については、これは各社デザインや紙質、印刷方法、複数割引や宛名印刷で異なってくるので一概に言えませんので、まずは気に入ったデザインを選び出し、そのデザインの印刷費がいくらになるかを確認しながら進めましょうね。




毎年の風物詩、激安の年賀状印刷はやっぱりらくらく年賀状です。
最安はここ!


http://rakurakunennga.com/

らくらく年賀状は何と言っても安いのがうれしいです。
これは裏面印刷のみではなく、郵券代や送料も含めて、また宛名印刷を付けたとしても、です。
デザイン充実ぶりは定評があります。ぜひ見ておいてほしいですね。


 

シーズンが進むまでずっと最安だったネットスクウェア。
早割価格のために安さばっかりが目立っていましたが、実は毎年デザインのラインアップにも定評があります。



https://nenga.print-netsquare.com/

https://

ネットスクウェアの口コミの良さには、ちょっと注目したいところ。
ネット完結が怖いな・・・という人はこちらの満足度の調査をチェック。

→ https://nenga.print-netsquare.com/info/voice/





納期が早い、またデザインが豊富なのは



挨拶状ドットコム


挨拶状ドットコムは宛名印刷も無料キャンペーン中、あわせて投函(発送)も代行してもらえます。

たとえば海外出張が年内続く人なんかは非常に助かるのが挨拶状ドットコムのサービス。

名簿さえ整理できていれば、インターネットからの発注ですべてが完了するという!グッジョブ!ですね。





平安堂


平安堂は複数割引がありがたいです。

たとえば友人や親戚向けで家族写真の入ったものと、あとはパパが仕事関係で出すスクエアなやつの2セット頼むとか、そういう場合は、それぞれが50%割引となります。

 

 




喪中はがきの印刷、早くて安いのは?

このページの先頭へ